厚切り食パンで作る!本格フレンチトーストのレシピ

らくちんデザート

ふわふわな厚切り食パンで作る

しっとり優しい食感の幸せいっぱいな

本格的なフレンチトースト。

前日の夜に卵液に漬けて

次の日の朝に少しリッチな朝食にいかがでしょうか。

フレンチトーストの種類

最近はコンビニエンスストアでも

ふわふわで美味しいフレンチトーストが

売られていますね。

甘いカスタード風の卵液に漬けて作られる

フレンチトーストが一般的かと思います。

アメリカや、スペイン、ドイツなどのフレンチトーストも

日本とあまり変わらない慣れ親しんだ

デザート的なフレンチトーストです。

しかし世界には様々なフレンチトーストが存在します。

・イタリア

パンの間にモッツァレラを挟み

溶き卵をまぶして焼いた塩味なフレンチトーストが主流です。

ピカタのようなお料理です。

・インド

刻み玉ねぎに唐辛子を溶き卵に入れパンを浸し

マスタード油で焼いた軽食的なフレンチトーストが有名です。

・台湾

卵に浸したパンを焼き

ツナやコーンなどを挟むものが

親しまれているそうです。

こう見ると世界には土地ごとの風土に合わせ

様々な形で食べられている料理と言えます。

そんなフレンチトースト、

本日はシナモンを加えて焼く

ほんのりドイツ風なフレンチトーストの

本格レシピをご紹介します。

シナモン香る!厚切り食パンの本格フレンチトーストレシピ

ではさっそく作り方を見ていきましょう。

材料  4人前

卵     6個
牛乳    350cc
砂糖    70g
シナモンパウダー   少々
食パン(四枚切り)…4切れ
バター…少々
サラダオイル…少々

作り方

1. 卵、牛乳、砂糖、シナモンパウダーを混ぜ合わせたものを少し深めなバットに注ぎ、食パンを両面丸一日漬ける。(片面3時間)
2. 中火で温めたフライパンにバター少々、サラダオイル少々入れ、1をフライパンにのせ弱火にし、蓋をして約10分じっくり焼く。

3.焼き色が付いたら裏返してふたをし、約6分焼く。

4. お好みでさらにシナモン、または生クリームを添えてできあがり。

ここがポイント
ポイント

弱火で蓋をし膨らむようにじっくり焼くことで、

ふわふわな食感になります。

手順は簡単ですがお味は本格的な

フレンチトーストのレシピでした。

パンをバケットに変えたり、シナモンを抜いて

メープルシロップをかけたりとアレンジいろいろです。

皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

本日のレシピは以上です!

みなさんも美味しい時間を楽しみましょう!

またねっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました